ecobkk’s diary

『taecoのバンコク生活日誌』~タイ・バンコクでの生活情報、観光旅行情報について

タイ・バンコクで自然再生・創造の動き/Nature Restoration & Creation in Bangkok of Thailand

今日は、私が、学生時代~社会人時代、最も興味を持って調査研究してきたテーマのひとつ、「自然環境(生物生息・生育空間)の再生・創造」について、簡単にですが、書きます。

f:id:ecobkk:20190723035719j:plain

日本では、1980年代から、自然環境の再生や創造の取り組みが見られるようになりましたが、近年、タイでも確認できます。

私自身、自然環境を守るための現場から離れてもう10年以上が経ってしまい、肩書等もないので深くは調べづらく、また、タイ語での文献調査も、タイの国土計画に関しても調べたことはなく、全容は掴めていませんが、数年前、英語で、インターネット上の情報を通して、バンコク都内の3カ所で取り組みがあることを知り得たので、今回、まとめておきたいと思います。

目次

タイ・バンコクにおける自然環境の再生・創造の動き

1. Siam Green Sky

1カ所目は、Siam Square Oneの屋上にあるルーフトップ・ガーデン(屋上庭園)。ただ、ここは、3年程前、気が付いて現地へ行った時には、一般市民は基本的に入れない形となっていましたが、リンクを貼っておきます。以前の姿や取り組み等は見られます。

www.facebook.com

www.thaitravelblogs.com

2. チュラロンコン大学100周年記念公園(Chulalongkorn University Centenary Park)

続いて、ご紹介したいのが、チュラーロンコーン大学設立100年を記念して、「都市の森(Urban Forest)」というコンセプトの下、つくられた公園「チュラロンコン大学100周年記念公園(Chulalongkorn University Centenary Park)」。私が行った時は、まだ、「森」という感じではないな…という感じでしたが、今後、どのような自然空間になっていくのか気になるところです。
ecobkk.hatenablog.com

3. PTT Reforestation Institute(โครงการ ป่าในกรุง ปตท.)

今回、最後にご紹介するのが、タイ石油公社(PTT)による森林再生地のひとつである「PTT Reforestation Institute(โครงการ ป่าในกรุง ปตท.)」。こちらも、2つ目に紹介したチュラロンコン大学100周年記念公園と同様、タイ語のป่าในกรุงから、「都市の森(Urban Forest)」として紹介されることがあります。私自身、観光客の方も楽しんでいただけるスポットだと感じましたので、『地球の歩き方特派員ブログ』で紹介しています。興味を持ってくださる方は、ご覧いただけたら嬉しいです。
m-tokuhain.arukikata.co.jp




都市の自然は、人が自然と親しめるスポット!

タイ・バンコクでは、連日あちこちで、コンドミニアムやショッピングモール等の建設が行われていますが、このように自然環境への取り組みがわずかではありますが行われ、自然との共生が模索されていることは喜ばしいことですね。自然がなくなってしまったら、人も動物なので、生きていくことはできなくなってしまいますからね。

都会の自然というのは、広大な敷地を有する自然保護区等と比べると、生物多様性の観点から見ると自然の価値はあまり高くはないと言われていますが、こういった動きが広がっていくことで大きな意味を持つことが期待されています。


以下の2つのブログランキングに参加しています。
1日1回有効で、皆様のクリックで投票されます。
Please encourage me by clicking the following ranking banner.
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村↑に参加している他のブログも見られます♡

人気ブログランキング↑に参加している他のブログも見られます♡
ありがとうございます<(_ _)>

以下のランキングに参加しています。1日1回有効で、皆様のクリックで投票されます。

Please encourage me by clicking the following ranking banners.

にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ
にほんブログ村



人気ブログランキング