ecobkk’s diary

『taecoのバンコク生活日誌』~タイ・バンコクでの生活情報、観光旅行情報について

アユタヤでランチ/Lunch@Somtum Sukunya in Ayutthaya, Thailand

みなさま、サワディーカー。

先日、おそらく、初めて、アユタヤでランチしてきたので、記録に残しておきたいと思います。ランチ場所として選んだのは、タイ料理レストラン「Somtum Sukunya」です。Google mapで経路上にあるお店を探していて、バンコクではあまり見かけない4.5以上の好評価の数値だったので、即決定しました(^o^)

I went to Thai restaurant named "Sumtum Sukunya" located in front of Wat Phra Mahathat, Ayutthaya, Thailand. Pork Stir-Fry with Holy Basil named "ผัดกะเพรา:Pad Kra Pao/Pad Gaprao" is my recommended meal here(^_^)/ I hope you like it, too(^.^)

ロケーションが素晴らしい!

タイ料理レストラン「Somtum Sukunya」は、タイ・アユタヤの観光スポットで大人気の寺院「ワット・マハタート」から徒歩1分程の所に位置するレストランです!

Somtum Sukunya
11/7 ถนน มหาราช ตำบล ประตูชัย Phra Nakhon Si Ayutthaya District, Phra Nakhon Si Ayutthaya 13000
089 163 7342
https://maps.app.goo.gl/pozxntfE5bEBo3MK9

とはいえ、今回ご紹介のレストランへ訪問した時は、ワット・マハタート内には入らなかったのですけどね…。ワット・マハタートと聞いてぴんと来なくてもきっと写真をみれば多くの人が見たことある場所でしょう。

ちなみに、タイ・スコータイ県にも、同じ名前の「ワット・マハタート」があります💡どちらも、私の大好きな寺院です!

話が少し脱線しましたが、「Somtum Sukunya」での食事について続けます。

「Somtum Sukunya」はガパオが美味しい!!

f:id:ecobkk:20191211193608j:plain

驚いたことは、ガパオがかなりおいしいお店だったこと。なにがどうおいしいかというと、まず、お米が今までにない風味があり、おいしいタイ米(?)だったのです!タイ産日本米ともまた違う味わいでした。最後に余計かもしれない会話をしてしまいましたが、どのお米を使っているのか等突っ込んで聞いてみてもよかったな、と今頃気付きました。

ガパオ(ホーリーバジル炒め)自体もおいしいんです。目玉焼き付にするか、豚肉にするかなど、何も聞かれず、何も言わず。「ガパウ」というと、「パッガパウ」ね!という感じでオーダーが通りました(^^;) メニュー表にあったと思いますが、わりと、探すのが面倒なので、ある程度の値段が分かれば、タイ料理レストランの場合は、わりと、会話しながら、オーダーしてしまうことが多い我が家です。もちろん、メニューでも探しはするんですけどね。。。

お店の人には、「ペット OK マイカ?(=辛くて大丈夫?)」と聞かれたと思うんですが、大昔、サバイジャイガイヤーン(旧名)で舌が震えるほど辛いガパオを食べたことがあり、ちょっと心配でしたが、当時のサバイジャイガイヤーンのガパオ程辛いガパオはいまだかつて出会ったことがないんでした。一瞬身構えたものの、ニンノイとも言わず、はい。ペット(辛い)でお願いしました

結果、外国人にも有名な観光地だからか、私たち夫婦的には全く辛くなくて、ほんのりスパイシー?かもなくらいでした。種がなくて、比較的大きめの唐辛子だからなんでしょうかね。

Googleマップのレビューが4.6もの好評価なだけある!と思ったのです。しかし…その後思いもよらない料理(´・ω・`)?が続々と…出てきます。

少しですが、イサーン料理も楽しめる!しかし...

f:id:ecobkk:20191211193455j:plain

なんと、こちらのお店、タイのもち米「カオニャオ」もあったんです!メニューにあっても、ありません!と断られることの多いカオニャオですが、ちゃんとありました。この日はたまたまあったというわけではないことを祈ります!! ここでテンションはMAXになります!

しかし…まさかのまさか、豚の喉肉の炭火焼「コームーヤーン」がなんだか変わった風味だったんです。今までにない感じです。お肉も、たれも、うーん。甘めとか甘さが控えめとかそんな感じの違いではなくて、今までとはまた結構違う味付けで、、、2人共、残念な気持ちに。

フィッシュケーキ(Fish Cake)の風味はどこから

f:id:ecobkk:20191211193529j:plain

私は、タイで「フィッシュケーキ」という食べ物を意識して注文した記憶がないので、比較するものがほぼないのですが、夫が美味しいと思う!と何かを確信したかのようにオーダーしたものです。きっとどこかで、フィッシュケーキを食べたことがあるのでしょう。

触感は、さつま揚げにちょっと近いのかな、、、でも、夫曰く、「触感が思ってたのと違って、苦手だ…」と。私は、そのことはあまり気にはならなかったのですが、それよりもなによりも、このフィッシュケーキは、インドで時折感じた一部のインド人のにおいがガツンと飛び込んでくるものでした。クミンの香りををより一層強烈にした感じです。

この風味、インド人は好きなのかな~🤔料理でここまでこの風味を感じたことはいまだかつてインドでもなかったので、ただただ驚きました👀

夫はすぐにギブアップしていて、コームーヤーンとフィッシュケーキは、ぎゃ~~~&残したいと思いながらもこの日は必死に食べたのですが、最後に、スタッフのおばさまが完食したのを見て、ニコッと微笑んで「おいしかった(^^)!?」と聞いてきました。

「ガパオがすごくおいしかった!」「あの…フィッシュケーキがインド人のにおいがしたんですけど...クミン?カレー?の味なんですよね(苦笑)」と余計なKY発言をしてしまい、おばさまを若干困らせてしまいました…(;'∀') 夫は目が点になってた気がしますが、本当にまた来たいと思うお店だから言ったってことを分かってもらえたら嬉しいです😓

最後に

f:id:ecobkk:20191211193629j:plain

以上、アユタヤでのランチの記録です。お会計は、写真の料理とマンゴースムージーとお水を注文して、なんとなく罪悪感から置いたチップ(20B)を除いて、合計405Bだったと思います。

気になってしまったコームーヤーンとフィッシュケーキの味わいですが、気にならず、美味しくお召し上がりになる人もいるかもしれません。私、鼻がきかないはずなのに、夫も私も、妙に食べ物の風味だけは気になるみたいなんです。。。とはいえ、夫も私も、タイのパクチー(葉っぱのほうだけ)は平気なので、人によって気になる風味も色々ってことなんでしょうね。というわけなので、気になる方は、私のレビューは気にせず、色々トライしてみてほしいです💡

また、このレストランには、開いた、海老みその乗ったエビもメニューにありました(1尾450B位~)。以前、アユタヤの別のレストラン(こちらの記事で紹介済)で食べて絶品だったので、ここでも気にはなったものの、値段的に安いものではないし、今回はパスしました。食事金額を気にされない方はお試しになって感想を教えていただきたいところで、気になりますが、、、ここには、また、ガパオを食べに来たいです!

以下の2つのブログランキングに参加しています。1日1回有効で、皆様のクリックで投票されます。
Please encourage me by clicking the following ranking banner.
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
にほんブログ村↑に参加している他のブログも見られますよ♡

人気ブログランキング↑に参加している他のブログも見られますよ♡
ありがとうございます<(_ _)>
私が書いている地球の歩き方ブログはこちら▼
tokuhain.arukikata.co.jp
地球の歩き方ニュース&レポートはこちら▼
news.arukikata.co.jp
合わせてご覧いただけると嬉しいです。











以下のランキングに参加しています。1日1回有効で、皆様のクリックで投票されます。

Please encourage me by clicking the following ranking banners.

にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ
にほんブログ村



人気ブログランキング