ecobkk’s diary

『taecoのバンコク生活日誌』~タイ・バンコクでの生活情報、観光旅行情報について

ソニーのカメラの修理と清掃@タイのバンコク/Cleaning SONY Camera and Lens in Bangkok, Thailand

みなさま、サワディーカー。

今日は、タイ・バンコクでの、ソニーのカメラの修理と清掃について書きます。時々、友達に聞かれて、その都度答えていましたが、その内容の一部と最近仕入れた情報をシェアしたいと思います。

私のカメラの修理内容

現在、私が使用しているデジタルカメラは2台。内1台には縦位置グリップを付けていたんです。その縦位置グリップは250g程度ですが、そのカメラ本体があまりにも重く感じられて、ある日、縦位置グリップを外して、写真撮影していたんです。

そしたら、その日、たまたま、蜂に頭?カメラ?黒いカバンに付きまとわれ、さされはしなかったのですが((((;゜Д゜)))、逃げまわっていたら、どうやら、電池を入れるところの蓋(カバー)がちゃんとはまっていなかったのか、外れて、落としてしまったようなんです。

見つけられず、その後、結局、また縦位置グリップをつけて使っていました。蓋がなくても困ることはないのですが、やはり長時間撮影していると、翌日の腰痛が半端ありません。というわけで、縦位置グリップを再度はずし蓋をつけられるよう、ソニーのサービスセンターに行くことにしました。購入したエムクオーティエのソニーストアで依頼してもよかったのですが、サービスセンターのほうが対応がはやいかなぁ。

Google map( https://maps.app.goo.gl/YmnY4DL1WGX5iNFg6 )でソニーのサービスセンターの場所を見ながら、この日は、FUJIスーパー2号店から歩いていきました💨車の排気ガス等で、空気が悪めな通りなので、歩く際は、マスク着用をおすすめします。

ソニーのサービスセンターの開館時間とその様子

f:id:ecobkk:20191211192115j:plain

入口には、守衛さんがいて、この日は何も見せず館内に入れましたが、もしかしたら、パスポート等の提示を求められることがあるかもしれないので、コピーくらいは用意しておいたほうがよいかもしれません。確か、パスポート(のコピー)携帯は法律で義務付けられているのでね📝

f:id:ecobkk:20191213034422j:plain

1Fにある扉を開けると、すぐに、発券機があり、上のボタンを押そうとしたら(実際には教えてしまった後だったのですが)、すぐに、係の人がやってきて、案内してくれ、すぐに、座席に座っていた別の方に番号を呼ばれて、対応してもらえました。

使用可能言語については、うっかり、私がタイ語で話してしまったので、英語がどの程度通じるかわかりませんが、不安な方は電話してからいくか、気合い(´・ω・`)?と工夫で乗り切ってください。
 

修理の流れ

f:id:ecobkk:20191213034743j:plain

今回、蓋は、他県から届くのを待たないといけないらしくて、値段を聞いたら、調べてくれて、約287バーツとのことでした。代金前払いで発注となり、約1週間待ちとのこと。 また、カメラ本体を持参すれば装着してくれるそう😺

カメラとレンズの清掃サービスについて

ついでに気になっていたことを聞いてみたので、以下にまとめました。

カメラとレンズの清掃価格

清掃したいもの1点※につき、以前は500bでしたが、現在は2500bとのこと。ただし、日本で購入したものは、5000bになるとのこと。日本で買った本体は日本語表記なので、翻訳者等の協力が必要になるとしたら、値段が高くなるのは理解できなくもないですが、レンズもだとしたら驚きです。

※1点とは、カメラの場合、本体とレンズ、それぞれ、別々にカウントされますので、カメラ本来1台とレンズ1点を清掃してもらいたい場合は2点とカウントされます。

それにしても、5倍も値上がりしていたなんてこれまたびっくり...。

無料で清掃してもらえる機会もあります!

f:id:ecobkk:20191213032514j:plain

毎年11月末頃~12月頭にかけて、BITEC(バイテック)のPhoto Fairの初日夕方頃~、ソニーは、タイで購入したカメラ限定で、清掃サービス※を行っていますが、その清掃サービスとサービスセンターでの清掃の違いについて、サービスセンターでも気になったので、念のため、聞いてみました。

※1日あたり、1人カメラ1台+レンズ2点まで

レンズの清掃で取り除けるものと取り除けないもの

BITECの窓口にいた人に、内部の白い点がとれなかったので、尋ねたところ、ペップリーにあるソニーのサービスセンターに出したほうがレンズ内部の中身の清掃も可能です、とのことでしたが、サービスセンターで確認したところ、BITECのイベントブースでの清掃も、サービスセンターでの清掃も、内容は同じとのこと。

そして、レンズの表と裏の清掃はできるが、中にまで入った粉塵等はレンズを取り替える必要があるとのこと。それも、大型レンズ等であれば取り替え可能なようでしたが、1万バーツ位~になりそう&新規に購入しなくてはならない場合もあり、それはレンズ・状況次第のようです。

最後に

以上、今回は、タイ・バンコクで行うソニーのカメラの修理と清掃について、12月12日(木)夕方に確認した最新情報でした。自分で行うカメラのお掃除、お手入れ方法についてはまた別途紹介できたらと思っています。

ソニーのサービスセンター@タイ・バンコクの情報

f:id:ecobkk:20191213131642j:plain
Sony Service Center
2126 อาคารกรมดิษฐ์ New Petchaburi Rd, Bang Kapi, Huai Khwang, Bangkok 10310
02 715 6100
https://maps.app.goo.gl/YmnY4DL1WGX5iNFg6

以下の2つのブログランキングに参加しています。1日1回有効で、皆様のクリックで投票されます。
Please encourage me by clicking the following ranking banner.
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
にほんブログ村↑に参加している他のブログも見られますよ♡

人気ブログランキング↑に参加している他のブログも見られますよ♡
ありがとうございます<(_ _)>
私が書いている地球の歩き方ブログはこちら▼
tokuhain.arukikata.co.jp
地球の歩き方ニュース&レポートはこちら▼
news.arukikata.co.jp
合わせてご覧いただけると嬉しいです。

以下のランキングに参加しています。1日1回有効で、皆様のクリックで投票されます。

Please encourage me by clicking the following ranking banners.

にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ
にほんブログ村



人気ブログランキング