ecobkk’s diary(taecoのバンコク生活日誌)

タイ・バンコク及び近隣諸国の観光旅行情報と生活情報を発信中。筆者については、ProfileやMy Activitiesをご覧ください。

触感の良い唐揚げに仕上げるコツ/Deep Fried Chicken

サワディーカー。

今日も、おうちごはんの記録です。

随分長い間、自宅の唐揚げを食べていない気がしてきて、久しぶりに作りました。

約600g位入った鶏もも肉を買ってきて、数時間調味料に漬け込んだ後、卵液に絡めて、片栗粉をつけ、1度目は140度~150度位の弱火で約10~15分、2度目は食べる前に180度位で1、2分揚げて出来上がりです。長年同じように作っていますが、あるコツに気付くまで、ものすごく美味しい触感に仕上がる時とそうでもない時があったんです。

f:id:ecobkk:20200118033300j:plain

唐揚げは、鶏肉を常温に戻してから揚げると、からりと揚がっておいしいと思っています。

昔、放置していた鶏肉を揚げたら驚くほど美味しく仕上がって、その時はその要因を認識できていなかったのですが、、、また、本にも書いていないし、誰かに聞いた情報でもないので、どうなんだろう?と思うようになり、何回も試してみて、確信に至った、私の唐揚げのコツの一つです(^_^)

周りにつける粉は、小麦粉のほうがさらにカリっとはなるのですが、私は、全部片栗粉(※タピオカ粉ではありません)を使うほうが柔かさ?があって好きです。これも、最近、気付いた事のひとつです。この日は、半分程、小麦粉にしたので、ちょっとかためな仕上がりになってしまったんですよ(^笑^;)



以下の2つのブログランキングに参加しています。1日1回有効で、皆様のクリックで投票されます。
Please encourage me by clicking the following ranking banner.
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
にほんブログ村↑に参加している他のブログも見られますよ♡

人気ブログランキング↑に参加している他のブログも見られますよ♡
ありがとうございます<(_ _)>
私が書いている地球の歩き方ブログはこちら▼
tokuhain.arukikata.co.jp
地球の歩き方ニュース&レポートはこちら▼
news.arukikata.co.jp
合わせてご覧いただけると嬉しいです。


【和食】【洋食】休日のおうちごはん/Holiday Lunch and Dinner

サワディーカー。

今日は、おうちごはんの記録です。12月22日前後の休日のおうちランチとディナーだと思います💡

まずは、普段、あまり作らない&写真で撮ることもない、休日のパスタランチから。お花があったので、珍しく、写真を撮っていたようです。

f:id:ecobkk:20200116021213j:plain

野菜盛りだくさんのペペロンチーノに、仕上げに、パルメジャーノチーズも、たっぷりかけています。ちょっと思った具材がそろっていなかったものの、これ、大好きなんです(^_^) 

サラダにもマヨネーズとパルメジャーノチーズと黒コショウたっぷり。

チーズ臭がすごいですが、ブロックで買ってきたパルメジャーノチーズの美味しさは、いつも、感動ものだなって思っています(^_^)

続いて、休日だった気がする夜ご飯。ささっと仕上げられるメニューですが、自宅では珍しくホタテ貝柱が登場したので、普段、ノーリアクションの夫が驚いていました。

f:id:ecobkk:20200116020246j:plain

MENU

鶏もも肉ステーキ ~和風ソースで。青梗菜も一緒に。
梅風味のフルーツサラダ
ホタテ貝柱(ヴィラマーケットの冷凍コーナーで、8個199Bで売られていたものです)
アボカド ~わさび醤油で
味噌汁
ご飯
麦茶

※撮影時、夫は、既に食事開始中で、夫のほうのお米が写っていません。ご飯を食べていないわけではありません。



以下の2つのブログランキングに参加しています。1日1回有効で、皆様のクリックで投票されます。
Please encourage me by clicking the following ranking banner.
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
にほんブログ村↑に参加している他のブログも見られますよ♡

人気ブログランキング↑に参加している他のブログも見られますよ♡
ありがとうございます<(_ _)>
私が書いている地球の歩き方ブログはこちら▼
tokuhain.arukikata.co.jp
地球の歩き方ニュース&レポートはこちら▼
news.arukikata.co.jp
合わせてご覧いただけると嬉しいです。


【タイ・プラチュアップキリカン旅行3日目】川沿いのレストラン「ステーキリムナム&カーフェーソット」/Restaurant "สเต็กริมน้ำ & กาแฟสด” in Prachuap Khiri Khan, Thailand

皆さま、サワディーカー。

タイ・プラチュアップキリカン旅行中に行ったレストラン「สเต็กริมน้ำ & กาแฟสด(ステーキリムナム&カーフェーソット)」について書きます。

I am pleased to share the information on riverside restaurant named "สเต็กริมน้ำ & กาแฟสด(steak rimnam and cafe sot)" in Prachuap Khiri Khan province of Thailand as follows.

www.instagram.com

※インスタグラム(↑)に、既にアップした情報を含んでいます。

旅行の全行程は、こちらに書いています。

はじめに

この日、朝、プラチュワップグランドホテルをチェックアウトし、カーングラタイ洞窟(記事はこちら)へ見て、Your Place Apartment at Prachuapへチェックインする予定でした。その途中、どこかで少し休憩できる場所を探していました。

Google Mapを見てみると、経路上から近い川沿いにステーキとコーヒーを売りにしたようなレストランがあることが分かりました。料理は、Googleに投稿されている写真を見た時は、なんとなく、微妙かもしれないなぁ…と思ってしまったのですが、コーヒーを飲みたい!&川沿いなら風情のある所かもしれない💡と思い、向かうことにした場所です。

まさに、川沿い(リバーサイド)のお店だった!

f:id:ecobkk:20200111130051j:plain

到着してびっくり!まさに、川沿い!大衆食堂を少しこぎれいにしたようなレストランスペースの他、川の上に乗り出したようなレストランスペースまでありました。

そして、川には蓮のお花が見られたのです!とっても癒されません?! この日は、そんなにお花が咲いておらず、シーズン的には微妙でしたが、インスタグラムに投稿しようと思って位置情報を探していたら、シーズンによっては、とっても美しく蓮のお花と葉っぱが間近で鑑賞できるお店なんだということを後から気付きました!

f:id:ecobkk:20200111130115j:plain

ただ、リバーサイドの座席は少し傾きがあるので、(別の県での話ですが、リバーサイドのお店が川に落ちてしまった事件を目にしたことがあるので)、かなりドキドキしながらの食事タイムでした💦

メニューはタイ語表記

f:id:ecobkk:20200111130127j:plain

メニューは全てタイ語。しかも、このタイ語のフォントは、私が苦手とする字体で解読にめちゃくちゃ時間がかかりました…が、お店の人が木陰からずっと辛抱強く待ってくださっているので、呼んで、タイ語でですが、説明してもらいながら注文することにしました。

そして、渡された紙に、注文内容を書いて渡しました。タイの屋台でも、注文内容を紙に書いて渡すスタイルをとっているところがありますが、自分で紙に書いて渡したのはこの日が初めてでした。屋台同様、自分で書けなくても&書かなくても、お店の人が書いてくださるかもしれません。

料理内容は洋食

私の一押しメニューはサーモンのパッキーマオ

f:id:ecobkk:20200111130140j:plain

メニューはわりとシンプルな洋食という印象を受けました。そして、洋食にしては、良心的な価格設定に思えました。「タイ料理はありますか?」と聞くと、「ありません」と言われてしまいましたが、サーモンのパッキーマオ(ผัดขี้เมา)のスパゲッティ料理がありました。タイ人の知人によると、パッキーマオというのは、料理好き&お酒好き(?)のタイ人男性が自宅でのパーティーメニューとして作ることが多いらしいタイ料理です。

たくさんのメニューを注文したわけではないので、他にもおすすめのメニューがあるとは思いますが、私の注文した中では、サーモンのパッキーマオというスパゲティが断トツに、驚く程おいしかったです!!! いつも、パッキーマオのスパゲティーを注文すると、妙な?苦手なハーブの香りがしてしまうのですが、こちらのお店のパッキーマオは全く気になりませんでした。ただ、結構辛いので辛いのが苦手な人は、辛さ控えめにしてもらったほうがよいです。夫も私も辛いのは結構いけるほう(夫は私以上)なので、とてもおいしくいただけました。

ステーキのソースが美味しい~!

f:id:ecobkk:20200115202400j:plain

ステーキと言えば、いくつになっても脂身の多い牛肉が食べたい私ですが、胸肉の部位のみの提供のようだったので、ポークにしてみました。胸肉とロース肉の間というような感じでしょうか。この手のソースにしては、衝撃的な美味しさでした!グレイビーソースの味なんでしょうかね。普段、外でいただくステーキは塩コショウが多くて、この手のソースはなぜかおいしいと思ったことがなかったんですが、ここのソースは私の口に合ってとてもおいしく感じられました。

サラダにエビフライ!

サラダは、エビフライが乗ったものを注文したのですが、サラダというカテゴリーではなく、揚げ物のカテゴリーに分類してもよさそうなくらい、値段からは考えられないボリュームでした!エビフライの中にえびの身もちゃんとありました!

野菜は、マヨネーズであえて食べるタイプなので、サラダ大好きな私ですが、この手の、ただスライスされたサラダにマヨネーズやドレッシングをかけて食べるのってあんまり食べる気がしないんです。。。ステーキの方にも、同じような野菜が結構な量、乗って出てきたのでね。でも、この手のサラダが好きな人にはとても喜ばしいことなのかもしれません。

ボリューム満点です!

食事の前に運ばれてきたもの

話が前後してしまいますが、最初に、袋に入った、ラスクみたいなパン(30B位)が、「おいしいよ!」という言葉と共に、運ばれてきます。食べる気はなかったのですが、気付いたら、夫が開封してかぶりついていました(^^;)それなりにおいしかったのですが、夫も私も、1、2枚しか食べられず。甘辛い&ガーリックが若干効いたラスクのような味わいでした。

お待ちかね⁉楽しみにしていたコーヒー

f:id:ecobkk:20200111130201j:plain

コーヒーは、夫は冷たいカフェラテ(カフェラテ・イエン)を、私は温かいカフェラテ(カフェラテ・ローン)を注文しました。

夫のカフェラテ(写真撮り忘れました。何も言わなかったので、甘めだったかも!?)が運ばれてきた後、しばらくすると、カフェラテ・ローンと共に、謎のお花のお茶のようなものが一緒に運ばれてきました。聞いてみたところ、手を洗うためのものではなく、カフェラテと一緒に飲むとよくて、一緒に提供しているものなのだそう💡

ホットカフェラテを頼むと、2杯もドリンクを飲めて、両方共、苦みや酸味等もなく、とても飲みやすい味わいのものでしたが、コーヒーラバーがテンション上がるコーヒーが出てくるお店ではない感じでした(^^;)でも、コーヒーが飲めて、嬉しかったです(*^^*)

【注意】GPS通り行くと、立ち往生してしまう危険性がある!

カーンクラダイ洞窟からここへ来る途中、Google mapで誘導されるルートで来ると、立ち往生してしまう危険性があります

経緯を書いておくと、Google mapのナビに従い、道中次第に細くなる、荒れた土道を進みました。この先進んで行っても、お店はもうないんじゃないかと感じる雰囲気。誰もいないし、穴や川に落ちるかもしれないし、怖すぎるから、もう行くのをやめとこう、と夫を説得しましたが、夫はひたすら進みます…。

すると、突如目の前に狭~い鳥居のようなコンクリートが出現するのです!

もし、目の前に、コンクリート製の囲いが出現したら、その道は進んではいけません!!!この時点で、来た道を引き返して別の道を探してくださいね!

しかし、何も情報がなかった私たちは、先が見えない状況の中、そのコンクリートの隙間を息を飲みながらくぐりました。すると、今度は、すぐ右に勾配有りの急カーブがあります。一度目のトライでは変な音がしただけで、登れず。バックで引き返すのも至難の技で、ここで、飢え死にして、死ぬんだと思ったほど。。。冷静になれば、車が動けなくても、死ぬことにはならなかったかもしれないと思えますが、冷静さを失った人間とは思考停止状態になるものですね。。。

もし、運転手が私だったら、間違いなく、車は傷だらけになっていたことでしょう。。。

恐怖のあまり、道中写真や動画も撮れず...m(_ _)m 夫は、「4WD車じゃないから登れないかも...」と言いながらも少しだけ大回りしたようでなんとか、2回目で奇跡的に登れたようですが、後で、お店の人に確認したところ、「GPSを信じたらダメよ。コンクリートのある付近はとても危険なのよ。来た道と違う道から帰ってね」と言われました。

f:id:ecobkk:20200111130227j:plain

ものすごく印象に残るレストランになりました。。。帰りは、通ってきた来た道(最後のほうは平和でした…^^↑)と反対側から帰りましたが、土の道はほんの少しだけで、不安も、苦労も、恐怖も全く感じることなく、すぐに普通の道路に出られました(^^;)/

最後に~お店「สเต็กริมน้ำ & กาแฟสด」の情報

f:id:ecobkk:20200111130210j:plain

機会があれば、お花の様子を見たいし、また来たいお店です。

また、どうして、このジャンルのレストランを開業したのか色々お話をおうかがいしたかったです。

店舗名:สเต็กริมน้ำ & กาแฟสด
住所:Prachuap Khiri Khan, Mueang Prachuap Khiri Khan District, Prachuap Khiri Khan 77000
電話:098 451 3531
https://maps.app.goo.gl/6LoParz1tP6Aej5y8





以下の2つのブログランキングに参加しています。1日1回有効で、皆様のクリックで投票されます。
Please encourage me by clicking the following ranking banner.
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
にほんブログ村↑に参加している他のブログも見られますよ♡

人気ブログランキング↑に参加している他のブログも見られますよ♡
ありがとうございます<(_ _)>
私が書いている地球の歩き方ブログはこちら▼
tokuhain.arukikata.co.jp
地球の歩き方ニュース&レポートはこちら▼
news.arukikata.co.jp
合わせてご覧いただけると嬉しいです。

【タイ・プラチュアップキリカン旅行3日目】カーンクラダイ洞窟/Khan Kra Dai Cave in Prachuap Khiri Khan province of Thailand

皆さま、サワディーカー。
今日は、タイ・プラチュアップキリカーン旅行で訪問したカーンクラダイ洞窟及びその周辺について書きます。

Today, I am pleased to write about Khan Kra Dai Cave in Prachuap Khiri Khan province of Thailand. We can see not only ocean and Wat Ao Noi(Ao Noi temple)around the cave, but also reclining buddha and sitting buddha inside the cave as follow.

📝今回のプラチュアップキリカン旅行の全行程は、こちらに書いています。2019/12/30、プラチュアップキリカン観光3日目の記録の一部です。

カーンクラダイ洞窟へ行くにあたっての注意点とその魅力

f:id:ecobkk:20200113005541j:plain

カーンクラダイ洞窟は、滞在先から車で行くには比較的近く、google mapではフォトスポットであるようなマークがついていた所です。調べる時間がほぼなかったので、日本語でのみ検索をかけたところ、情報なし❗探検したい気持ちがさらに高まります😁

過去に行った洞窟寺院と言えば、ペッチャブリー県にあるカオ・ルアン洞窟(ถ้ำเขาหลวง/Khao Luang Cave)とチェンライ県にあるワット・タム・プラ(วัดถ้ำพระ/Wat Tham Phra、Buddha Images Cave、記事はこちらに書いています📝)くらい。すぐに見終わるのだろうと思っていたら…カーンクラダイ洞窟は、結構な階段を登らないと洞窟内にたどり着けなくて、乾季のタイではありますが、わりと暑くて、夫🐖は結構な汗をかいて、「(洞窟と寺院と聞いてたから長ズボンできたのに😭)だまされた」「拷問だ!!!」と叫んでいたような…🤔

f:id:ecobkk:20200113005258j:plain

登っている途中撮った写真(上)から、結構登ってきたことが分かっていただけるのではないかと思います。

スポーツの中では長距離走だけ好き&得意だった私は、汗をそんなにかかないタイプなので、ほとんど汗はかかなかった気がするものの、日本で買ってきたお気に入りのスエード素材のサンダルがかなりダメージを受けて、もう履けない状態になってしまったのが非常に残念でした…。

カーンクラダイ洞窟へ行かれる方は、スニーカー等で行くことをおすすめします。

Google map上では日本語表記があったにもかかわらず、その日本語名で検索しても、全く情報が得られない洞窟だったので、今回は、まずは、たどり着くのに、それなりに大変な洞窟寺院でしたということをお伝えしたいと思います。とはいえ、今回の旅行で訪問したプラヤーナコーン洞窟に比べれば、なんてことない、とってもかわいい疲労であったことは言うまでもありません(^^;)

それから、登っていく途中に見える景色洞窟の中には一体何があるのだろう?というワクワク感洞窟に到着できた時の達成感はバッチリ得られました。

カーンクラダイ洞窟内には、複数の仏像!

入る前に、子どもたちが数名「マイミーアライルーイ!(何もなかった)」と言いながら飛び出てきたのですが…

f:id:ecobkk:20200113000155j:plain

中に入ると、わりと大きな涅槃物(寝釈迦像)がすぐに見えてきます。さらに少し進むと、涅槃物と座像(写真上)等が見えてきます。

説明版等も見当たらないし、洞窟について詳しい話を聞いたこともきちんと調べたこともないので分かりませんが💦仏像はどこでつくられて、こんな山の奥にどうやって運び込んだんだろう、入れた後に入口を狭くしたのかなぁ、とか、、、謎が深まるタイの仏像寺院でした。時間のある時にじっくり調べてみたいことのひとつです。

カーンクラダイ洞窟周辺には、海あり、寺院あり!

f:id:ecobkk:20200113000243j:plain

洞窟のすぐ近く(洞窟の手前)には、「ワット・アオ・ノイ(วัดอ่าวน้อย/Wat Ao Noi)」という寺院があり、海もあり、タイ語の分かる人で、タイの文化や仏教等に興味のある方は、調べてから訪問すると、もっと楽しめる所と思います。

f:id:ecobkk:20200113000842j:plain

ここの海(ビーチ)では、泳ぐことは難しい感じでしたが、海の眺めは気持ちよかったです。

カーンクラダイ洞窟の詳細情報

私が調べた時は、Google mapでは「カーンクラダイ洞窟/Khan Kra Dai Cave」という表記でしたが、タイ語表記を調べたところ、「วัดเขาถ้ำคั่นกระได(ワット・カオ・タム・カングラダイ)」として紹介されているようで、タイ語表記に従い、直訳するなら、「カングラダイ洞窟山岳寺院」という感じになるのでしょう。

住所:Ao Noi, Mueang Prachuap Khiri Khan District, Prachuap Khiri Khan 77210
https://maps.app.goo.gl/gWsN6Z7f2zdZfTB79

最後までご覧いただき、ありがとうございます。以下の2つのブログランキングに参加しています。1日1回有効で、皆様のクリックで投票されます。皆さまからの応援は、ブログの評価と受け止めており、更新の励みになっています。情報が役に立ったよ!という方は、応援クリックをよろしくお願いしますm(_ _)m

Please encourage me by clicking the following ranking banner.
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
にほんブログ村↑に参加している他のブログも見られますよ♡

人気ブログランキング↑に参加している他のブログも見られますよ♡
ありがとうございます<(_ _)>
私が書いている地球の歩き方ブログはこちら▼
tokuhain.arukikata.co.jp
地球の歩き方ニュース&レポートはこちら▼
news.arukikata.co.jp
合わせてご覧いただけると嬉しいです。


とてもお得!ホテル「Ruen Pruksa Resort」内レストラン@タイ・プラチュアップキリカン県/Reasonable Lunch at Ruen Pruksa Resort in Prachuap Khiri Khan, Thailand

皆さま、サワディーカー。
まだ1月上旬なのに30度越えで、湿気もあり、暑すぎるのがあまりにもはやすぎるバンコク。昨日は、空を見ていて、雨が降ってくるんじゃない?と言っていたら、予想が当たり、今日、自宅周辺で雨が降り始めましたヽ(^o^)丿涼しくなってくれるといいな…💡

さて、今日は、2019年12月31日(大晦日)、ランチ利用した、プラチュアップキリカン県内ホテル「Ruen Pruksa Resort」内のレストランについて書きます。

Today, I am pleased to write about lunch at Ruen Pruksa Resort in Prachuap Khiri Khan province of Thailand as follows.

年始年末、営業しているお店は少ない!?

実は、当初、ここではなく、別の所でランチしよう!と計画していましたが、Google mapを頼りに向かったレストランにはもうお店がない、または営業しておらず(××;)

そこで、たどり着いたのが、今回ご紹介するホテル「Ruen Pruksa Resort」内のレストラン。そしたら、ものすごくよかったんです!

立地と環境

f:id:ecobkk:20200111152856j:plain

年始年末のプラチュアップキリカン旅行の全行程は、こちらに書いていますが、3泊目と4泊目に泊まった宿泊施設「Your Place Apartment at Prachuap」から徒歩ですぐ。

そんなに広くないレストランのスペース(室内側にも座席有)には日本でお馴染みサイズに近いプールもあって、西洋人のおじさんが泳いでいるのが見えました。おそらく、エアコン席はなかったと思いますが、扇風機のあるレストランです。

おいしい!/Tasty

f:id:ecobkk:20200111145936j:plain

注文した料理は、ガパウムー(豚のガパオのこと)、卵焼きが乗ったもの、豆腐とひき肉のスープ。これにアイスミルクコーヒーというものを選んだと思います。

f:id:ecobkk:20200111151304j:plain

スープは量が多めで、2人で十分シェアできる量です。しかも、豆腐とひき肉のスープって、具が少ないことが多いですが、ここは具沢山で、アユタヤのエビセンターの入口近くのお店と並ぶ、1、2位争う美味しいスープでしたヽ(^o^)丿

ご飯メニューもとてもおいしかったです。ガパオは辛くて大丈夫?と聞かれたので、大丈夫としました。辛くておいしかったです!(※辛いといっても、大昔あったサバイジャイガイヤーンみたいに、激辛&濃すぎる味付けではありません)。

しかも、ホテル内なのに、お得!/Reasonable Price

ご飯メニューは50B位/1品で、スープが70Bか80B程度だったと思います。詳細は記憶していませんが、合計で200Bちょうどでした。

ホテルなのに衝撃のお得さ!プラチュアップキリカーンのフードコートや屋台はもっと安いのでしょうかね…⁉バンコクの一般的なフードコート並みの価格ですが、お米の感じや味付け等、比べ物にならないくらい、食べやすく、味付けも私好みでした(^^)

メニューもわりと豊富/Menu

f:id:ecobkk:20200111161523j:plain

今回、私たちは、夜のビュッフェに向けて、控えめな注文になりましたが、他にも美味しそうなメニューがたくさんありました。全ては撮りませんでしたが、一部写真を撮ったので、アップしておきます。

f:id:ecobkk:20200111161538j:plain

f:id:ecobkk:20200111161542j:plain

f:id:ecobkk:20200111161546j:plain

ドリンクメニュー

f:id:ecobkk:20200111161456j:plain

f:id:ecobkk:20200111161501j:plain

余談 ~かわいい猫がやって来た!

f:id:ecobkk:20200111153156j:plain

着席と同時に、猫もどこかから出てきて、可愛かったです(*^^*) なぜか、珍しく、猫苦手な夫に、にゃんにゃん、しきりにじゃれついていたので、メス猫なのかなぁ…🤔食事がやってくる頃にはおこぼれをいただくのをあきらめたのか、猫は夫の足元でおねんねしてしまいました。数分後、別のお客さん(男性陣)軍団がやってくると、むくっと起きて、行ってしまいましたΣ(・□・;)

ホテル「Ruen Pruksa Resort」の情報/Information on Ruen Pruksa Resort

f:id:ecobkk:20200111163314j:plain

住所:ถนน เกาะหลัก Prachuap Khiri Khan, Mueang Prachuap Khiri Khan District, Prachuap Khiri Khan 77000
※ランチの営業時間は未確認ですが、わりと遅くても大丈夫かもしれません。ただ、夕食は19時頃には終了していたように思いますので、夕食ご利用になる方は注意されたほうがよいと思います。
電話:086 667 1857

https://maps.app.goo.gl/z54WEhMVX2bURo3E9





以下の2つのブログランキングに参加しています。1日1回有効で、皆様のクリックで投票されます。
Please encourage me by clicking the following ranking banner.
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
にほんブログ村↑に参加している他のブログも見られますよ♡

人気ブログランキング↑に参加している他のブログも見られますよ♡
ありがとうございます<(_ _)>
私が書いている地球の歩き方ブログはこちら▼
tokuhain.arukikata.co.jp
地球の歩き方ニュース&レポートはこちら▼
news.arukikata.co.jp
合わせてご覧いただけると嬉しいです。

【和食】初出勤日はステーキに/Tenderloin Steak in Japanese style

サワディーカー。
新年の抱負を立てましたか!? 今頃、何にしようか考え始めている私です。。。

今日も、おうちごはんの記録です。

f:id:ecobkk:20200109033106j:plain

MENU

テンダーロインステーキ ~柚子胡椒で
梅サラダ ~イカの天ぷら乗せ(冷凍していた天ぷらの衣液の余りが少ない所に、水を足してのばしたら、液内の卵黄が少なくなっていたために崩壊😓)
ポテトサラダ
なすびの甘辛炒め
シラス&大根
韓国海苔
豆腐とうす揚げの味噌汁
ご飯
麦茶

休み明けで?タイはPM2.5の影響か?マスクをし忘れたからかなんとなくしんどいですが、今週も頑張っていきましょう💪



以下の2つのブログランキングに参加しています。1日1回有効で、皆様のクリックで投票されます。
Please encourage me by clicking the following ranking banner.
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
にほんブログ村↑に参加している他のブログも見られますよ♡

人気ブログランキング↑に参加している他のブログも見られますよ♡
ありがとうございます<(_ _)>
私が書いている地球の歩き方ブログはこちら▼
tokuhain.arukikata.co.jp
地球の歩き方ニュース&レポートはこちら▼
news.arukikata.co.jp
合わせてご覧いただけると嬉しいです。


【和食】結婚記念日ディナー/Wedding Anniversary Dinner at Home

サワディーカー。
おうちごはんの記録です。イブの前日、結婚記念日の夜ご飯です。

f:id:ecobkk:20191228011331j:plain

思い返せば、年末、既に、この日から体調がいまいちすぐれず、夕方作り始める前に、外食にさせてもらおうかな…と一瞬考えたほど…。でも、あるものをかき集めて作成(^^;)納豆軍艦に、納豆を入れるのが間に合わなくて、写真を撮影した後、必死に詰め込みました~(^^;)

f:id:ecobkk:20191228011358j:plain

MENU
お寿司盛り合わせ
ちくわと玉ねぎの天ぷら
焼き鳥
味噌汁
ケーキ
麦茶、ティー

大変だったのは、家事もたまりにたまってしまう月曜日なのに、ケーキも作ったから。

ついでに、翌日用のクリスマスケーキの下ごしらえも完成させたので、月曜日から疲労感マックス。

f:id:ecobkk:20191228011530j:plain

その前の週だったか、出張の行きしな(!)に、タイのスワンナプーム国際空港で夫がゴディバのチョコを買ってきてくれていたので、ケーキと共に楽しみました。この少し柔らかいチョコのゴディバは好きです🍀😌🍀

f:id:ecobkk:20191228011416j:plain

この日のケーキは、翌日の下ごしらえの一部を削ったロールケーキを縦に置いて、以前から狙っていた口金を入手しておいたので、バスケット編みにしてみました!(バスケット編みの口金については→ http://ecobkk.hatenablog.com/entry/2019/12/03/095933 )

念願のバスケット編みですが、思いの他難しく、作り始めたら動画等でチェックするのも面倒に思えてしまって、適当に仕上げてしまいましたが、それなりにバスケットには見えますかね…🤔

夫が帰ってくるまでに、上に置いたドライマンゴーにアイシングシュガーでメッセージを書こうと思っていたのですが、どうしてもちょっとイスに座って休養する時間がほしくなってしまい、断念。。。

事前に準備できる細工は、数日前に作っておくべしでしたm(_ _;m)三(m;_ _)m



以下の2つのブログランキングに参加しています。1日1回有効で、皆様のクリックで投票されます。
Please encourage me by clicking the following ranking banner.
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
にほんブログ村↑に参加している他のブログも見られますよ♡

人気ブログランキング↑に参加している他のブログも見られますよ♡
ありがとうございます<(_ _)>
私が書いている地球の歩き方ブログはこちら▼
tokuhain.arukikata.co.jp
地球の歩き方ニュース&レポートはこちら▼
news.arukikata.co.jp
合わせてご覧いただけると嬉しいです。