ecobkk’s diary

『taecoのバンコク生活日誌』~タイ・バンコクでの生活情報、観光旅行情報について

カンボジア旅行で気を付けたいこと。あなたのドル紙幣は大丈夫?/Ripped Dollar Bills


カンボジアの現地通貨は「リエル」ですが、USドル(アメリカドル)も利用できます。そのため、ドルを使う観光客が多く、ほぼ全ての所でドルが使えると言われています。現地通貨を使わないと、料金が高くなると聞いたことがありますが、シェムリアップ観光地周辺の物価は高くは感じたものの、通貨の違いが気になることはありませんでした。しかし、そのドルで、困った問題が起きたのです。

We cannot use ripped dollar bills in Cambodia, can we!?

f:id:ecobkk:20190608004250j:plain

タイのスワンナプーム国際空港か以前日本で両替した50ドル札に2㎜程度の切込みが入っていたものがあったのです。私自身、言われないと気が付かないレベルの切込みでした。

私たちが訪問した際、カンボジアでは、確かに、USドルを全ての場所で利用できたのですが、ドルの発行国ではないためか、このわずか2㎜程度の切込みが入っただけのUSドル紙幣の使用が拒否されてしまったのです!

そのことに気が付いた直後、Google検索をしたら、「破れた紙幣や古い紙幣は発行国でしか使えません」というような情報がありました…。今、検索してみたところ、日本では協力的な銀行もありそうな情報も出てきていましたが💡 旅行中そのままの状態では使えない可能性が高そうです(*_*)

カンボジアでは、ホテルの運転手を始め、ホテルの受付にも拒否され、どこに行けばこの紙幣を交換してもらえるか聞いてもみんな分かりません…と答えるのみでした。「銀行なら大丈夫かもしれない」と。でも、銀行に行くのにも、こちらの記事でも書いた通り、ホテルおかかえのトゥクトゥクにお願いすると、運賃だけで20ドル払わなくてはならないし、しかも、交換してもらえる確約もないので、行かず。

ホテルの受付で手持ちのタイバーツをホテルで両替しました。多少レートが悪くても、運賃や時間を考えるとそのほうが楽でよいかなと💡ドルは、いつかの日かアメリカに行ける日が来たら使えるだろうしね💡 ところが、ここでまたカンボジアが嫌いになってしまいそうな事件発生。。。(そもそも悪いのは、無知で不注意だった私なのに

先程、2㎜程度の切込みが入ったUSドル紙幣を拒絶したにもかかわらず、両替の際、破れたUSドル紙幣を1枚忍び込ませてきました!まさかそんなことはないと思っていたので、私は気が付かなかったのですが、夫が気付いてくれ、取り換えてもらいました(^^;)

大きな紙幣だとまだ破れた時に困ると思い、20ドル紙幣でほしいとお願いしたのですが、もしかすると、20ドル紙幣という金額のものはそこまで細かく見ずに、やりとりしているために、紛れ込んでいたのかもしれませんが、直後の両替時だったので、悪意(?)を感じてしまいました…@@;

結局、残った50ドル札はどうしたかというと、だめもとで、裏からご飯粒をつけてみたら全く破れてなかったように見えるまでの状態にでき、最後、空港のスターバックスで使用させてもらいましたm(_ _;)m 大好き、世界のスターバックス

長くなりましたが、ドル紙幣への両替時(特に、50ドル札や100ドル札の紙幣を受け取る際)やお釣りをもらう時、破れや切込みがないか確認することをおすすめします。そして、額面は20ドル札以下の小さい紙幣を多めにもらうようにしたほうがよいかもしれません。

以上、カンボジア旅行の注意点ですが、カンボジア旅行へ行ったことのある友達に話したら、そんなことない方ばかりだったので、そんなに多くあることではなさそうですが(^^;)、ドル利用可能国(モルディブベトナム等)への旅行の際の参考にもなればと思います。

以下の2つのブログランキングに参加しています。
1日1回有効で、皆様のクリックで投票されます。ブログ更新のモチベーションになりますので、役に立ったよ、というお方がいましたら、応援クリックしていただけるととても嬉しいです。

Please encourage me by clicking the following ranking banner.
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村↑に参加している他のブログも見られますよ♡


人気ブログランキング↑に参加している他のブログも見られますよ♡
ありがとうございます<(_ _)>
※現在、本ブログのサイドバナー(パソコンサイト)を整理中です。

以下のランキングに参加しています。1日1回有効で、皆様のクリックで投票されます。

Please encourage me by clicking the following ranking banners.

にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ
にほんブログ村



人気ブログランキング