ecobkk’s diary

『taecoのバンコク生活日誌』~タイ・バンコクでの生活情報、観光旅行情報について

【タイ・チェンマイ旅行】絶景・景勝地「モンチェム」へ/Day Trip to Mon Chaem (Mon Jam) in Chiang Mai

サワディーカー。
今日も、チェンマイ旅行の記録です。チェンマイ国際空港からアロムオーキッド(こちら)とシリキット王妃植物園(こちら)※を経由して、さらに、山道をうねうね登りながらやって来たのが、景勝地のモンチェム(ม่อนแจ่ม)ヽ(^o^)丿

※他にも魅力的な観光スポットがたくさんありそうでした~!!!

タイ人の間で大人気の観光スポット:モンチェム山(ดอยม่อนแจ่ม)

今回のチェンマイ旅行の最大の目的が、モンチェムへ行くこと(^_^)。日本人にはほとんど知られていないのか…私の周りにいるタイ在住日本人で、モンチェムを知っている人は皆無でした。そういう私も、モンチェムのことを知ったのは、つい先々週か先週のこと。。。(^^;) 

f:id:ecobkk:20191017085955j:plain

比較的涼しいシーズンに突入してきたこともあり、モンチェムに宿泊して、雲海や星空も見られたら最高かも…💡と思いましたが、既にモンチェムのホテル、バンガロー、テント等検索しても、agoda等のホテル予約サイトで検索するとすると、2カ所しか見当たらず。そして、その2カ所には魅力を感じられず。希望の宿泊地は、年末の分まで確認しましたが、空室なし(T_T) タイ語を駆使して、FacebookやLINE等、別の方法で問い合わせすると、宿泊できそうなところはなくはなかったんですけどね。旅行しよう!と思い立ったのが直前で焦っていたし、初チェンマイだったし、ささっと予約したかったので、宿泊は中心街のほうにしました。



宿泊はできそうになかったものの、チェンマイ国際空港からモンチャムまで約1時間半で到着できそうだったので、その様子をお昼間にでも一目でも見られたらと思い、向かうことにしました💨

まずは、タイ人の友達がインスタグラムでアップしていたカフェภูวิน คาเฟ่(PhuWin Cafe)」へ向かうことにしました💡 その後、Google map上の写真スポットとなっているところを事前に確認し、良さそうな所を見て回ることにしました。

本当は、眼下に広がる山の風景を鑑賞しながら、ムーガタを食べられそうな所「ภูดอย โฮมสเตย์ ม่อนแจ่ม(FBこちら)」や「ม่อนอิงดาว(Mon Ing Dao)FBこちら。日本語でも、こちらで紹介されている所)」に行きたかったのですが、お腹いっぱいだったこともあり、途中をはしおって、果樹園(?)「ไร่สตรอเบอรี่ปลายฟ้า ม่อนแจ่ม เชียงใหม่(Farm Strawberry Jam's Blue Diamond Mai.)」に寄ってから下山しようと思ったら、そこへ向かう道が全く進まない大渋滞…(××;)。今回、できれば、16時までに市街地に戻って来たかったこともあり、断念しました(^^;)

のんびり楽しめたのは、カフェのみとなりましたが、360度ビューで、モンチェムの風景を楽しめて、大満足のモンチェム山トリップになりました(^^)また、このモンチェムエリア来られたらいいのになぁ~と思うほどでした!宿泊にあたっては、慣れていないと、不便な部分もあるかもしれないけど…(?_?)

モンチェムの絶景カフェ「ภูวิน คาเฟ่(PhuWin Cafe、プーウィンカーフェ―)」

f:id:ecobkk:20191017085856j:plain

というわけで、今回は、モンチェムでのんびりしたカフェ「ภูวิน คาเฟ่(PhuWin Cafe、プーウィンカーフェ―)」のご紹介を。FBはこちら帰ってきてからいつも見つけるっていうパターン(^^;)

f:id:ecobkk:20191017085915j:plain

入口には、トマトがいっぱいありましたが、飲み物と軽食(主に、スイーツ系)がある感じのカフェでした。

f:id:ecobkk:20191017085441j:plain

まるで、ドラエモンのどこでもドアのような扉がありました(^_^)

カフェ「ภูวินค่าแฟ่(プーウィンカーフェ―)」で注文したドリンクとスイーツ

f:id:ecobkk:20191017092135j:plain

注文したものは、ヘーゼルナッツラテとアイスレモンティーとハニートーストと言う感じの名前のものだったと思います。1つ食べただけでコメントするのはおこがましいかもしれませんが、ここでは、ドリンクだけ頂くのがおすすめだと思います。

ただ、料理はお皿だったのに、ドリンクはグラスではなかったんですよね。お客さんとしてはプラスチックのほうが持ち運びできて便利かもしれないんですが、店内で食べる場合でもプラスチックで、衛生的かもしれないけど、個人的には残念。タイのゴミ処理って埋め立て処理が大半だと聞くので、このゴミってどうなるんだろうって心配になります。

アイスレモンティーは、そんなに激甘でもないタイティーの感じでした。私は結構好きな味わいでした(^^)コーヒーもちょっと甘さがあるタイプで、夫には飲みやすかったんじゃないかな(?_?)

お客さんは私達以外に、1組か2組いる位でしたが、注文してから出てくるまで、特に、ハニートーストは、なぜか結構時間がかかったし…。ドリンクはまた飲みに来たいくらい、美味しかったです!他のタイ人客も、ここにはドリンクを買いに来て、食べ物は持ち込んだものをちょこっとつまんでいる人もいて…( ´艸`)、わりとすぐに、別の場所へ移動している感じでした💡

車で、モンチェムまで訪問する際の注意点

モンチェムへ行くには、大きめの車がおすすめ



これまで、レンタカー(ドライバー付レンタカー含)と言えば、いつもは、Rentingcarz.com(レンティングカーズ 海外レンタカー比較サイト)で一括検索して一番お得なトヨタ ヤリス(Toyota Yarisを借りることが多かったのですが(^^;)、今回は直前予約だったため、予約が完了したと思っていたら、翌日希望の車ができないとのことで、代わりにオススメされた日産アルメーラ(Nissan Almera)を借りたんです。どちらにしても、小型車だと思うので、2つの車の違いはさほどないのかもしれませんが、今回、小型車でモンチェムの山道を走ってみて、なかなか前に進んでいかない感がありました…

登っている途中、夫がしきりに、「アクセル全開でこのスピードだよ!前に進めなーい!ここに来るのに、この車借りたらあかーん!」と連呼していました(^^;)。確かに、周りの車を見ると、私達のレンタカーより大きい車のほうが多い感じでした。チェンマイ国際空港では色んな車種の車のレンタルがあるのは、山間部があるからなのかなと後から気付いたのでした。

慣れない外国の山道を走るのが不安な方は運転手付きのレンタカーにするかVELTRAさん提供の、【チェンマイ発】ワゴン貸切チャーター(最大9名)チェンマイ近郊を自由自在に観光<日本語ガイド付>*車1台あたり料金等もあります。※モンチェムエリアまで行ってくれるかは問い合わせしてみないと分かりませんが…。

タイのレンタカーにはナビがないので、携帯電話でGoogle mapを起動させて(私が)見ながら(夫が)運転する予定だったので、夫がどこかで買ってきたこんな(↓)感じのソケットと携帯電話のケーブル持参で行きましたよ(^^)。

【Quick Charge 3.0 搭載】カーチャージャー シガーソケット USB 急速充電 車載 車 充電器 最大出力6A スマホ スマートフォン タブレット 12V-24V対応 iphone Android アンドロイド アイフォン クイックチャージ クアルコム

価格:1,980円
(2019/10/17 23:37時点)
感想(638件)

以上、初めてのモンチェム山への日帰り旅行の記録でした。モンチェムは、チェンマイの自然を楽しみたい方におすすめの観光スポット・エリアだと思います(^_^)。

以下の2つのブログランキングに参加しています。
1日1回有効で、皆様のクリックで投票されます。ブログ更新のモチベーションになりますので、役に立ったよ、というお方がいましたら、応援クリックしていただけるととても嬉しいです。

Please encourage me by clicking the following ranking banner.
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村↑に参加している他のブログも見られますよ♡


人気ブログランキング↑に参加している他のブログも見られますよ♡
ありがとうございます<(_ _)>










以下のランキングに参加しています。1日1回有効で、皆様のクリックで投票されます。

Please encourage me by clicking the following ranking banners.

にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ
にほんブログ村



人気ブログランキング